2013.12.7(土)BRITISH PAVILION開催



12/7(土)BRITISH PAVILION開催決定!!


10年目を迎えて1発目のブリパビは
久し振りにオリジナルメンバーのみで開催!!





RADIO 7 で発売している
毎回好評のMIX CD付きチケットですが
今回のMIX CDはBEST OF 2013と題して
それぞれのDJが2013年に発表された曲の中から
渾身の一曲をセレクトした
全12曲収録の濃密な内容になっているので
是非ゲットして下さい!!




今年、最後の開催になりますので
2013年を素敵な音楽で締めくくりましょう!!


皆様のご来場お待ちしています♪




75502_543412465740785_647256324_n.jpg



2013.12.7(土)
at KIETH FLACK
OPEN 19:00 CLOSE 1:00
Adv:1,500/1drink order, Day:2,000/1drink order

■DJ:TSUBASA, OEC, TERAMOTO, TANAKA, URIU, SAVANNA, MITSURU, YUMA

■VJ:KANAMORI

■TICKET
□RADIO 7   092-734-8511 http://young-savage.com/


■INFORMATION
□KIETH FLACK 092-762-7333 http://www.kiethflack.net/

■BRITISH PAVILION HP
http://www.britishpavilion-fuk.com/


2004年にスタートしたBRITISH PAVILIONは、
英国ロックの最新モード、そして過去から現在を発信するDJパーティー。

福岡親不孝のキースフラックにて開催中!

英国産でなくとも英国から世界中に発信された音楽カルチャーは多い。

個性的なDJs&VJs共に、Let’s Enjoy!








【BRITISH PAVILION BEST SONG of 2013】

01:Jake Bugg – What Doesn’t Kill You
昨年リリースのデビューアルバムが大ヒットとなったジェイク・バグが、
早くもニューアルバムをリリース!
先行シングルは、特徴的な歌声はそのままに、
arctic monkeysを思わせるリフが炸裂するバースト・チューン!!(TSUBASA)






02:Babyshambles – Nothing Comes To Nothing
実に6年ぶりの帰還となった、
元ザ・リバティーンズのピート・ドハーティ率いるBabyshambles。
ピートのメロディメイカーとしての天才性が相変わらず炸裂したこちらのシングル、
本当に最高で素晴らしい。(OEC)







03:Factory Floor -Two Different Ways
曲自体もそうだけど、とにかくPV観て衝撃受けた1曲。
こういう感性がまだまだ発信されていくから音楽は楽しいし、もっと色んな音が聞きたくなりますね。。

ちなみにファクトリー・フロアというこのバンド、
ロンドンを拠点にする3人組で今年リリースされたアルバムは名門DFAから。
(TERAMOTO)








04:San Cisco – Fred Astaire
オーストラリア出身、いなたい雰囲気を残すインディバンドのSan Cisco。
いまだ青春ノイローゼが抜けない僕は、青臭くてロマンチック、
青春そのものなこちらのフロアチューンにメロメロでした。(TANAKA)





05:ryhe - open
和室洋室万年床車中泊問わず、今年の寝室ネオソウルは文句なしの”ryhe / open”
シャーデーマナーよろしくの心地よい倦怠感に、気分はラブデラックスであります。(URIU)





06:Arctic Monkeys - Do I Wanna Know
初めて1stを聞いた時と似ているけど少し違う、そんな衝撃を受けました。
全体を通してどっしりとした音、じんわりとゆっくりと染みてくるメロディはもう一度聞きたくなる。
モヤモヤを抜けて出口に着いた、そんな印象です。
これが今のArcticと思わず認めさせてしまう、変化をモノにしてる彼らはカッコいいです。(SAVANNA)






07:King Krule – Easy Easy
青くて、何か危険な雰囲気を漂わせる、
ロンドン出身のアーチー•マーシャル君によるソロ•プロジェクト、キング•クルエル。
独特な歌声(ガチ不良ジャズマン、チェット•ベイカーにも影響を受けたらしい)が印象的。
不良っぽいものに惹かれてしまう僕は、
待望のデビューアルバムの冒頭を飾るこの曲から完全にやられちゃいました…。(MITSURU)





08:The View – standard
今年7月、The Viewが7年間の軌跡を集約したコレクションアルバム
”SEVEN YEAR SETLIST”をリリース。
その中に加えられたこの新曲は、オーウェン・モリス(OASIS,The verve他)
によりプロデュースされ、多くのヒット曲に負けず劣らずの最高の仕上がりに!
大好きなThe Viewの中でも一番好きな曲になりました。(YUMA)






09:The 1975 – The City
デビューアルバムがUKチャート1位を獲得したThe 1975。
ブリッドポップを彷彿とさせるポップセンスと、現代的なビート感覚が同居する、
マンチェスターの新世代バンドによる今年度屈指のアンセムチューン。





10:Daft Punk – Get Lucky
8年ぶりとなる『Random Access Memories』がキャリア最大のヒットとなったDaft Punk。
生音に回帰したそのサウンドで、ディスコ~AORの再評価にも一役買った、今年を代表するダンストラック











MIX CD付きチケットは
RADIO 7 で発売開始していますので
お気軽にお問い合わせ下さい。












BLOG ホームページ飛ぶ 


RADIO 7 レディオセブン http://young-savage.com 
〒810-0041福岡県福岡市中央区大名1-3-7 サウスステージ1 1階B号室 
TEL/FAX:092-734-8511 
OPEN:12:00 CLOSE 20:00
定休日:木曜日







COMMENT

Seacret




プロフィール

RADIO 7

Author:RADIO 7
福岡市中央区大名1-3-7
サウスステージ1 ・ 1階B号室

オフィシャルサイト
http://young-savage.com/

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR