Thinsulate

寒さが厳しくなり
中綿にシンサレートを使用したアイテムが多数入荷しおり
店頭ではシンサレートの特性についてご説明させていただいていますので
今回は、シンサレートについてご説明します。






thin03.jpg

シンサレートとは、3M™ 社が研究・開発した高機能中綿素材。

Thin(薄い)とInsulate(断熱する)を合わせたネーミングで
「より暖かく、より薄く」をコンセプトに掲げています。

マイクロファイバーの細い繊維が組み合わさり空気をたくさん含むため、
とにかく断熱性・保温性に優れているのが特長。

かつての常識である「暖かさをキープする=分厚い素材」といったイメージを一掃、
軽いのに暖かいというこれまでの概念を覆す高機能な衣料用断熱素材。

シンサレート素材はその特長からもともとは
ヒマラヤ遠征隊のウェアや冬季オリンピック・全日本スキー連盟などの
ウインタースポーツの公式ウェアにも採用されるほどの高い断熱性と保温性を持つ素材。

1960年代にアメリカで開発が始まり、1980年代に日本でも販売されるようになりました。

新型ポリエステルとも呼ばれて注目を集め、さらなる進化を遂げたシンサレートは
高い断熱性が評価され、前述のようにヒマラヤ遠征隊や冬季オリンピック、
全日本スキー連盟などのウインタースポーツの公式ウェアにも採用されています。

現在では、衣類だけでなく保温性を求められるアクセサリー・布団・防音材など、
さまざまな製品に生かされています。

綿や絹に比べれば歴史は浅い素材ですが、
化学繊維の汎用性の高さを示し、ひとつの製品としてもたらした影響は世界最大級とも。

今では世の中に広く知られる繊維となりました。



thin02.jpg

空気で暖かさをつかまえる繊維。

暖かさを高めるための理想的な断熱媒体は空気です。

繊維間にできるだけ多くの空気を含むことが、高い保温性、断熱性をもたらします。

一般的なポリエステル綿は繊維の隙間が大きく、
その隙間から温められた空気が逃げやすく、暖かくありません。



thin01.jpg

シンサレートは羽毛の先とほぼ同じ太さのマイクロファイバーと、
厚さを保つためのポリエステルファイバーで構成されています。

複雑に絡み合った微細な繊維の間に、
大量のデッドエア(動かない空気)を封じ込め、薄くても高い断熱性を発揮します。

たくさんの空気が人体の熱をつかまえて逃さないため、
同じ厚みの一般的なポリエステル綿やダウンと比べて、1.5〜2倍の保温機能を持っています。






今後は、数回に分けてシンサレートを使用したアイテムをご紹介していきますので
楽しみにお待ち下さい。











BLOG ホームページ飛ぶ 


RADIO 7 レディオセブン http://young-savage.com 
〒810-0041福岡県福岡市中央区大名1-3-7 サウスステージ1 1階B号室 
TEL/FAX:092-734-8511 
OPEN:12:00 CLOSE 20:00
定休日:木曜日







COMMENT

Seacret




プロフィール

RADIO 7

Author:RADIO 7
福岡市中央区大名1-3-7
サウスステージ1 ・ 1階B号室

オフィシャルサイト
http://young-savage.com/

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR